岩手在住、車は先代スイフト(ZD72S)、4WDです。仕事にも使うため、年間25,000km走ります。大雪の夜に山越えをしたり、前が見えないほど雪が降る高速を走ったりと、それなりにハードな雪国の環境を走っています。

 

今使っているのはナンカンのスタッドレスタイヤESSN-1、175/65R15サイズです。総額24000円、オートウェイの通販で購入しました。以前はブリヂストンのブリザック、REVO-GZだと記憶しています。値段は3万円前後だったかと。
2シーズンで交換するペースなので、高価格のものを選ぶことはまずありません。

 

雪国の定番はブリザックですが、REVOーGZは以前のブリザックシリーズと比べてライフが随分短かかったと感じます。新品時の信頼性は高いのですが、3シーズン目に使おうとした時は、サマータイヤと誤解するほどグリップしませんでした。そして車検もあって、数年ぶりに購入したNANKANGのESSN、これは昔他の車(レガシイ)で使っていた時は横方向のグリップが弱いかな、くらいの印象でしたが、スイフトに付けてみたら横方向だけでなく、直進からの停止のグリップも今ひとつな印象でした。ドライでの性能は、正直、今まで使った全てのスタッドレスの中で一番低いと思います。全くホールドしないし、カーブでは腰砕けする印象で…。とはいえ、値段で選んで、とりあえず雪道は移動できているので、ブリザックが安くない場合はこれを選ぶと思います。

 

雨の日は酷いですね。全然腰砕けで止まらない。曲がらない。スタッドレスはソフトだから乗り心地がいいかというと、そうでもない。アジアンタイヤに対する偏見は全く無いし、変なナショナリズムやレイシズムに染まってもいないけれど、ちょっと性能面で良い評価をするのは難しいタイヤですね。ナンカン自体、サマーもスタッドレスも経験しているけれど、おそらくスイフトという車には合わないのだろうと思います。さほど飛ばす方でもないのですが、雨の日には気を使わないと怖いですね。

 

燃費や法定速度を考えたヌルい運転をしていますが、このタイヤは柔らかい印象が強いので、摩耗性は高くないと思います。ライフは長くないでしょうね。2シーズンはギリギリ持つと思いますが。信頼性であればブリザックですが、値段を考えるとこれで納得すべきかもしれません。

 

安価の一言です。とりあえず、大して積雪しないエリアで、飛ばさず、街乗りメインで使う車には悪くない選択だと思います。ただ、パワーのある車や、元気に運転する人、街中を慌ただしく走る人には勧めません。止まらないタイヤです。

 

 

おすすめの記事