タイヤの交換を女性の私がするのは、体力や力でも大変なものでしたので、マイカー購入後は毎回メーカーや
ガソリンスタンドを利用して行っていました。
タイヤ交換をする雪が降る関西地区であれば、Fitやヴィッツを購入し、運転しても安全運転を心掛けるのですが、当時は忙しさの余り車を洗わない事が多かったです。それらも居住地や地区の関係もあるものですが、どこにいてもその場面で必要とされる適切なタイヤを利用していれば良いと思います。

 

アジアンタイヤを勧めてくれたのは、お馴染みのガソリンスタンドの方でしたが、そのNANKANG NS-2という名前のタイヤでも安心して走れると言って下さりましたし、どんなに良いタイヤでもいつかは劣化すると考えていましたからそれならば、車のメーカー品であるタイヤよりも値段の安いアジアンタイヤで、Fitやヴィッツに適したもので4本3万前後なら安いと感じました。
今でも教えて下さりました専門のガソリンスタンドの方に相談しているくらいです。

 

タイヤ交換後に一番気になるのは、それまでの運転のし易いさとブレーキや発信する際の効果があり、タイヤから出る走行時の音が気になりました。
新しいタイヤはアジアンタイヤで、古いタイヤが国産のダンロップでしたから、どちらのタイヤに信用出来るかもありますが、走行時は、やはり慣れ親しんだダンロップの方が良かったと感じたこともありましたが、専門の方が勧めて下さったのですからアジアンタイヤでも、乗り心地は関係ないのだろうと思う様にすると、天候を問わず気にならなくなるものだと気付きました。
しかし、タイヤ交換後はとても走りやすくなりますので、ブレーキが効きにくくなったと錯覚してしまう事もありますから、安全運転を心掛けるのならタイヤの問題ではなく、自分の運転技術もるだろうと悟りましたので、これからはより注意して運転をしたいと思います。

 

雨の日くらいで、車のタイヤがスリップを起こす様な地域でもなければ,数多い知人に尋ねてみたりした時もありましたが、これからは、もし災害などで大雨になった時の対応も必要だと思いましたし、安全性を高める鵜のならばタイヤにも気を配りつつ、周囲にも目を配りながらの当然の事である運転を心掛けていかなければなりませんし、もしもの時には何を一番に優先して行わなければならないのかも学べたのが、良かったのだと思います。

 

私が利用していました車は普通車でも、それほど馬力のある車でもりませんから、燃費は気になりませんし、ガソリン代は上がったり下がったりするものだと思っていたので、目的地までの距離も余り意識していませんでした。

 

これから、初めてアジアンタイヤを購入される方や検討中の方に知っておいて欲しいのは、車を大切にしたいのならタイヤに気を遣わなければならない事を怠るのを控えて欲しいです。
同時にタイヤの管理にも工夫すれば、どのメーカーでも同じと言う事に気付ける様になります。

おすすめの記事